スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

Whitney

ホイットニーとのショットといえば この写真がすぐ思い浮かびます。

whitney17.jpg
多くの方が追悼記事に載せておられるこの二人の笑顔。
マイケルも顔小で有名すが。モデルだったホイットニーの顔の極小なことー。
日本でも知らない人はいない有名な2人。そのツーショットですよね。


80年代~90年代の洋楽の黄金期。あの時代に 戻れたらいいのにな‥

喪失感に。

beaut3821.jpg

しんみりしてしまいます・・。


世界の歌姫が あまりにも若くして逝ってしまいました。



whitney4.jpg
88年3月。
UNCFの貢献者として表彰のとき。

whitney19.jpg

わたくしのホイットニーへの印象つと。ベタですがやはり、I Will Always Love You. “エンダーーーーーーっ”の 映画、ボディガードを観た記憶と。91年のスーパーボールでの国歌斉唱。

あれは今だにスーパーボールの時期にテレビでマイケルのハーフタイムショーと同じく出ますけども。
マイケルが史上最も素晴らしいパフォーマンスだとしたらば。彼女は 史上最も素晴らしい国歌斉唱。と言われ。ずっと語り継がれるでしょう。

whitney20.jpg

亡くなってからまたテレビでその国歌斉唱を観ましたが。
鳥肌。ゾクゾクするほどの歌声。まさに世界の歌姫。


whitney1.jpg
晩年も。マイケルとは親交。30周年ライブのときは少し痩せていましたが。パワフルな歌声でね。

whitney22.jpg
とても明るく元気な印象の彼女ですが。

晩年は様々なこと。
いろいろ悩みも あったんだろう。
自身でもインタビューなどで告白されてましたが‥

彼女もまた 復活する直前に。

残念です。まだ48歳。

ホイットニーさん。
whitneyhn.jpg
世界を熱狂させたその声は永遠に地球に在ります。ありがとうございます。





beaut3571.jpg

今回の訃報。突然。

beaut3841.jpg

テレビでの扱いなど見ていても。
マイケルが逝ってしまったあの日のことを思い出さずにいれませんでした。

beaut3839.jpg

運び出されるご遺体。集まるマスコミ。死の憶測。外で追悼するファンたちのキャンドル。レコード店は即 追悼スペース。

beaut3840.jpg

悲しすぎる。その淡々とする現実の色。あの日と一緒です。

なんて儚いのでしょうか。

beaut3838.jpg

テレビのコメンテーターの誰かが、アルコールと処方薬での死 とゆ報道に対し。薬物への依存。
マイケルと同じだと軽く言っていた。

確かに。感じることはありますが。

いや、マイケルは処方薬とゆことと別に。麻酔。医師がそばに居ながらも亡くなってしまったのだから。直の死に関してはちと違うとは思うけど。

beaut3835.jpg

栄光と影。
二人とも晩年にマスコミにクソほどバッシング。地に落とすことは簡単で。奇行とか、ケチョンケチョンに言われていたのに。
亡くなってから マスコミは態度を変え。本当に素晴らしい人だったと書かれる世界の様子。騒がしい報道。

二人は辛い記憶の中で。痛みを抱えたまま逝ってしまったとしたら。

beaut3728.jpg

人は愚か。失ってはじめて。大切さに気付いたりもする。


マイケルもホイットニーも。
何か助ける道があったように思え。悔やまれてなりません。

でも、もちろん。
想いは 生と死に関係なく存在しているとも信じているので。改めて 偉大さを人々が感じることが伝わり。これからどうか安らかに眠って欲しいです。


今頃は天国で再会されてるでしょうかね。

beaut3364.jpg

歌姫とキングに。永遠あれ。


ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーサイト

2012/02/13 22:51 |ニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。