スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

手紙


画家の中では わたくしフェルメールが大好きす。

17世紀のオランダの画家。43才で他界され 現存する絵画が世界で36点ほど。
うち今 日本に3点もあるので。のこのこ 展覧会に行ってまいりますた。
フェルメールって日本で超人気らしくって。ちょくちょく展覧してくださるんですけども。

今回も感動いたしました。

ダ・ヴィンチもミケランジェロも神ですが。
359.jpg

西洋絵画を学ぶとき聖書の読解力も必要だったりで。単なる鬼上手な絵画、ではなく。その裏読みの部分に 拝見しながら なかなか奥深い想いにさせられます。
17世紀になると宗教画から庶民の日常を描いたりも多くなりまして。400年前の生活を想像。その時空を感じられたりいたします。

で、今回は 「ラブレター展」っつことで。
ちょうどオランダの17世紀当時、郵便制度ができ。いわゆる個人的に手紙を書いたりそれを送ったりすることが流行ったそうで。そんな人間ドラマの一コマが描かれとるわけす。
iphone_20120126170329.jpg
(こちらは今回の展示会と関係ない、わたくしが持ってるフェルメールの本の一コマすが)

当時のラブレターとゆのの。例みたいなのも展示してあったんすが。
もうー 燃えるような熱っつい言葉でねw とろけるような官能小説みたいなww 

いや~ 現代。メールしちゃうからなかなか直筆で手紙。とくにラブレターなんて書く機会もないっつー。
いつ届くかもわからない手紙に想いをしたためるなんて。ステキング。
frow2.jpg
なんてロマ~

マーさんからもらったと空想しただけでご飯3杯いけるww

beaut2157.jpg
脳内♪るん。






マーさんは いろんな方にお手紙書いたり。(時にそれがオークションで売られたりも(ノ-"-)ノ)
マメ男な一面もあったようですけども。
ラブレターらしきも。いろいろ出回ってますが。本当かわかりませんので 流し見で願います。



例えば。

letter10.jpg
※手紙ですし完璧には訳せませんけど。所々ニュアンスだけ。ふんわり。

”それで、君が去った理由はなに。
なぜ行ってしまったの。

そんなことが可能なんて僕には想像できない。
僕は 僕らの運命を知っている。 感じれるんだ。

僕は 僕らの間で起こったこと(黒く塗りつぶし)に対し後悔はありません。”



なにか、別れを連想させる言葉が あるんですけども。
なにかあったっぽいが。他人のわたくしにはよくわかりませんww→そりゃそうだろ
すみません どなたか正確に訳していただけませんでしょうかww

マーさんが(が本当に書いているのであればすが) 未練あるっぽい。


”なにか他のことで 君がいなくなったんだと僕は信じている。
けれど、どんなワケがあろうとも。僕らを別つことはできない。
僕自身、この別れは一時的なことだって思うようにするよ。”

Let me strive for another outcome. ”別れではない結末のために努力する。
(塗りつぶし)
For ever yours, ”永遠にあなたのもの”
(塗りつぶし)
Call me  ”僕に電話して” ←二重線
(塗りつぶし=マーさまの電話番号が書いてあったんかい?)


え?
beaut2262.jpg
トマト?? 
 



こっちは。僕の妻 4人目の子供の母親になって っつてるやつ。
興味のある方は どうぞ訳してみてください。ホントか わかりませんけどね。
運命を感じて切々と愛を訴えている感じでしょうか。

letter11.jpg

”Why did you take away your love, the same love that made me unable to speak and made me forget my worries, the love that saved me? Tell me, did I come to short? Wasn’t I enough? Have I done or said something wrong? I believe in miracles and (塗りつぶし)angels. I know you escaped through heaven’s gates to brighten the(塗りつぶし).I believe in FAITH, deep inside I feel that nature has banded us.
I have seen nothing but misery in my life until(塗りつぶし) all these years, I have been seeking to give while I only desire now to receive from you. Your heart commanded me to follow while my soul was hurt and my mind CONFUSED.
I allowed you to take possession of my feelings. In return, I loved, obeyed and honored you beyond words.
I revealed myself to you in ways from which I thought they were impossible.
I saw and still see you as my soulmate, as my wife and as the mother of my fourth child.”


日本の男子からこんな手紙もらったら 重たいけど。ww
マーさんからもらったら 嬉しすぎて泣く。 ww



トマトに(いつの間にかリサをトマトと呼ぶようになってもうたww)書いたんじゃないかとされるお手紙といえば。

letter15.jpg


”(塗りつぶし)
僕の全てを明るく照らしてくれてありがとう。
君はファンタジーと奇跡で僕を驚かせ続けてくれる。
君が目覚めたときに。僕がそばいなくてごめんね。 愛しているよ。
(塗りつぶし)
フランスからイタリアより 魂と心の底から 愛を込めて。
到着したら 電話するね。”
(ちゅーしてる絵) 

lisa.jpg
旅先で? 行く前に?

lisa24.jpg
・・・(´¬`) うらやましーー。ずるーーいww


絵がカワイイけど。なんだか嫉妬メラメラしすぎて。トマト投げつける気力も失せて 眠くなってきた。www

lisa74.jpg
えーーー ちがう女に書いたんじゃないのー。そうだそうだーー←あがくww




まあ。これらはマイケルが誰に書いたのかなんて真実は知りませんけどー。
直筆の手紙やメッセージってゆのは。やっぱり想像力をかきたてられるロマンティックなものですね。



letter9.jpg
90年にファンへ向けて書いたメッセージ。

beaut2012.jpg

To my dear Fans

I Truly miss you all and love you,
form the bottom of my heart.
in the 1990's i will promise you the best work I've ever done.
always help the children,love them.
I love you

Michael Jackson


”愛するファンのみんなへ

本当に本当にみんなが恋しくて
心の底からみんなを愛しています。

この90年代は これまででもっとも最高の仕事をすると約束します。
常に子供たちを助け 彼らを愛します。

愛してるよ。 Michael Jackson”

beaut3362.jpg

スポンサーサイト

2012/01/24 01:09 |あれやこれやCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。