スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

4年


禁固4年。



全く反省のない医師の言動。
当たり前の判決と思います。


ママが判決後、裁判所外で。感想を求められ。



マイケルは戻ってこないけれど、最も重い刑の量刑に 本当に感謝します

と、気丈に応えておられましたが。
最も重いっても 4年す。前から何度も言ってますが。







そして、やはり カリフォルニアの刑務所は満杯。

マーレー医師は 4年の刑期のうち2年しか刑務所に入らないだろう とニュースではなっていました。



2年。 やはり4年フルに刑務所ではないっつ。





さらに 控訴するようですし。
まだまだ 弁護側 足掻くと思われますので。 この件 続きますね。







とりあえず、今日のところは。
今の時点での 過失致死では最も重い 刑期とゆこと。
そこを受け入れるしかなく。



その重さの軽さに。 全てに納得はできないけれども。





マイケルが失った未来の時間を想えば。例え 何十年服していただこうが とゆ感じ。




心からの反省と謝罪を。



していただきたいす。

スポンサーサイト

2011/11/30 14:30 |ニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。