スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

最近の振り返り(追記)

皆さま すでにご存知のニュースかと思いますが。ほっこりのジャネットとのエピソードが載っていましたね。
"Janet Talks To Piers Morgan"
ジャネットの'Piers Morgan Tonight'のインタビュー。

重要なニュースを2つだけ。知ってるニュースと思いますが あえて振り返らせていただきます。


こちらで動画も見れます。
CNN

ジャネットは発売されたばかりの自身の本のPRもあり、さまざまインタビューを受けてるようですね。
いずれも、大切な兄マイケルについて触れている(インタビューする側も訊かないわけないってゆ)

janet3.jpg
"I feel like it's part of my job as a little sister, to have the back of my brothers and sisters,"
「兄や姉たちを支える、それが妹として私の仕事の一部のように感じています。」




ジョーパパがランディを抱っこ。マイケルがジャネットを抱っこ。

じーん(ノД`)
fami.jpg
ジョーパパはあまり抱っことかしてんの見ないので、貴重なショットすね。

年が離れた末っ子妹を抱っこするマイケル。




ジャネットから見てお兄、マイケルは…
yang20.jpg
"very sweet, very gentle, incredibly smart. Always about love."

「とても優しくて、とても紳士的で、信じられないほど賢くて。いつも愛に溢れていました。」




今回ジャネットがシェアしてくれたマイケルとの思い出。

"We used to go to this restaurant called Love's
「わたしたちはよくLove's とゆレストランで食事をしたものです。」

eat900912CITY OF HOPE Galamoto
もぐもぐ せずに 食べ物を見つめてますけども(Love'sとは関係ありませんwww)


And we used to get a ton of dinners and we'd drive around in the car looking for homeless people to give them to. We used to do it all the time, and just give them food. And one guy said, 'I don't want your stinking food!' And he threw it back at us! [laughing] And I was like, 'Mike, let's get out of here!' He [Michael] was the one who was driving and I was the one passing out the food. But that's the only time there was any sort of rejection."

「そしてわたしたちは たくさんの夕食を買い ホームレスの人々を車で探し回って 食事を配りました。よくそゆことをしていたんですよ。 あるとき一人の人が、こんな悪臭のするもの食えるか!と投げ返してきました。
「マイク、ここからでましょう!」彼が運転をし、わたしが配っていたんですが。拒否されたのは その一度だけでした。」

janet9.jpg
こんな二人が 車に乗って・・・。 






マイケルといえば、子供たちを救うために・・・ とゆイメージがありますが。

kidsantiago93.jpg

ホームレスの人々にお食事を配る。
そいったことも ひっそりとしていたんですね・・
じーん でした。

彼は 報道されなくても(逆に報道されたくなく)ひっそりと慈善活動に励んでいた・・。先日の エイズ撲滅のために私的に国会議員を訪ねたりとゆこともそうですが。子供とゆ存在だけではない わけ隔てない 彼の人への 深い愛を感じます・・。

スターが自分でホームレスの方にお食事配るなんて・・フツーしませんよね・・
例えお金があったってなかなか 見習ってできることではありません・・

話をシェアしてくれたジャネットにも感謝いたします。









そして そんなほっこりエピソードとは 逆のニュースもありましたが・・。

"Karen Faye Blames Dr. Klein" MJFC

Karen Fayne

カレンさんは もともといろんなインタビューで
マイケルが50公演をこなすのは無理であっただろう と言っていますた。

"He was scared to death because AEG was funding everything. He said he would have to work at McDonalds if he didn't do these shows. 

Randy Phillips
AEGは 全ての資金を供給していた。  マイケルはAEGを死ぬほど怖がっており・・
ちゃんとショーをこなさないと 「僕 マクドナルドで働かなくちゃだよ・・」と言っていたと・・

ちなみにTMZの元の記事、合成した写真が まじ どいひー。 TMZ (もちろん マックで働いてらっしゃる方を侮辱するわけではありません!あくまで合成に対しての怒りですーー)


リハしながら・・・マーさん そこまで追い詰められていたんでしょうか・・。
this9.jpg
This is it を どう見ていいのやら・・ 悲しくなりますが・・そんな裏話・・


カレンさんによれば。
マイケルは体重が急に減り、彼には精神的な支えが必要だと思った と。
そしてその体調悪化は何かの影響だと感じた と。

arnoldklein.jpg
そこで 名前の出てくる Dr. Arnold Klein

マイケルはクライン医師のもとに週3,4回通っており。
そのとき薬物使用の徴候がみられ。 クライン医師が不在のときは マイケルの体調がすこぶるよさそうだった とのこと。 その真意。

マイケルに薬をポイポイ与えていた医師が マーレー以外にもいたのは事実でしょう・・
凡人には考えられない(普通ではない)環境 マイケルが そうゆ周囲に囲まれていたのは事実。


Dr. Arnold Kleinは皮膚科の医師でしたよね?
について度々よくわからないニュースが いろいろありますが・・ 何者。

マイケルは人前でおしっこするのが好きだった とか
家に来たときも わざとカップにした、変わってる とかなんとか発言してた人すか?
(おぼろげな記憶で違う人の話だったらすみません、少年容疑のときの少年が性器を見たどーのこーののマイケルをかばう発言と思いますが・・なんか・・ 何?)




とにかく、今後 マーレーのニュースもつづくでしょうし。
辛い現実を受け止める日々が続きそうですね・・。








彼には精神的な支えが必要だと思った と近しい方が言うの・・

傍にいた人々は そう感じていたようです・・



arm.jpg
いろんなことがあったあなたの人生。どう救い出せたのかと 未だに考えてしまう。


kids127.jpg
生涯 人助けに身を捧げた人よ。 あなたを支え助ける人は 傍にいなかったのですか・・


kids126.jpg
切ないです


スポンサーサイト

2011/02/20 20:11 |ニュースCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。